DIATONE DA-A100

DIATONE_DA-A100 ~ダイアトーン面目躍如の名品~
 
<オークション:132597027 DIATONEダイアトーンパワーアンプDA-A100 Ends 2月9日22時54分>
 
- DIATONE DA-A100 -
 
●ヤフオクにて、ダイアトーンのあのDA-A100をみつけました。1973年に\25万で発売された最高級アンプで、プリアンプDA-P100とペアとなるものです。もう40年近く前の話になってしまいました。DA-P100はウッドケースに入ってとてもカッコイイなぁって思っていましたが、今回のこのDA-A100の方はあまり記憶がありません、今思えばデザイン的に今ひとつだったからでしょうね。ダイヤトーンはスピーカーの名器の数々に比べてアンプで名器といわれる作品が少ないメーカですが、DA-A100はこれを払拭するかのような贅沢な作りで三菱電機の音響技術力を知らしめる名器となりました。ダイヤトーンの名器でスタジオ標準原器ともいえる2S-305をドライブするために作られてたのでしょう、スピーカ端子がキャノンになっていたりデバイス保護回路が付いていたりとプロ用途が前提のようです。
 
●構成は電圧増幅、電力増幅の2ブロック構成で十分な利得とS/Nを獲得していますとカタログに大々的に書かれていました。360mm×223mm×268mmとそう大きくない割には16kgと結構重く良いトランスを使ってそうなアンプです。贅沢な部品使いで、特性は高調波歪0.1%、混変調歪0.15%、f特10~30kHz、DF200とまずまずです。ドライバ段でゲインを得、パワー段をシンプルにし、全体に多量のNFBをかけることで安定した高S/N比を実現させようというもので、凝った回路というわけではありませんが、変わった構成をしています。
 まず、ドライバ段はローノイズTrを3段直結にした構成で、初段はエミッタ接地でIcを60μAまで抑えた高S/N比を実現、2段目にもエミッタ接地、3段目は何とパワトラ2SC1445と2SA765のコンプリメンタリをエミッタフォロワで使用し20dbのゲインを得ています。これだけでもプリアンプ+パワーアンプみたいな構成ですね。
 次に、パワー段ではドライバ段のゲインを高くとったことで、高域遮断周波数の高い有名パーツであるモトローラ製のパワトラ2N5630(NPN)と2N6030(PNP) (Pc200W、Ic16、Vcbo120V)をシングルPPで使用することができ、パワーレシオ3を実現しながらもノッチ歪を減少させ、5kHz以上の可聴高域のにごりを解消しています。全体的に高音質パーツを使用しており、高調波ひずみや相互変調ひずみも改善しています。
 電源については、公称4Ωで150Wを可能にしているわけですから動作時には1~2Ωになる場合もあります。それでもクリップしないレギュレーションが保証されていなくてはならないわけですから、それだけ強力な電源が実装されているということになります。実際、当時電源トランスに一般的に採用されていたEIトランスより損失の少ないカットコアトランスで400VAという大型のものを、平滑コンデンサーには22000μF/36Aという大容量のものを採用、更に整流器にはラジエータが装着された30A対応のものを搭載し、B電源の出力インピーダンスを極めて小さくしています。40年前から既にスピーカの低域再生時における低インピーダンス駆動対応が図られているところがさすがダイヤトーンの面目躍如たるものがありますねぇ。
 またプロ向けの特徴としてパワトラの保護回路があります。4Ω動作時には200W以上の電力を消費することになりパワトラが高熱になります。ヒートシンクの温度が100℃に達すると働く温度検出型の保護回路と、すべてのパワトラに1個ずつ取り付けられたコレクタ損出を検出して働く保護回路が備えられています。
 
●ダイヤトーンとしては珍しいセパレート型として発売、しかもパワーアンプから先の発売となりました。それだけ気合の入ったアンプで、高品質パーツ贅沢に使って入念に仕上げられたアンプといえます。個別に実測データが添付されていたということからも自信の程が伺えます。
 癖がなく、低歪でクリアな高域と温かみのある中低域、迫力のある低域とバランスとれた傑作です。オーナーからは音の分離がすばらしいく、シンバルは今まで聞こえなかった音がしっかりと聞こえ、打楽器も迫力、生々しさが加わり、ボーカルもぐっと前に出てきてまさに肉声が迫るとのこと。巷で名声を得るにふさわしい鳴りっぷりですね。
 
●現在\1.5で7Bidsとなっていますがもう少し値上がりしてもよさそうなものです。\5万が相場、\2万で即買いと勝手に値付けしました。オークションでははじめてみました、最初で最後の買い物かもしれません、ダイアトーンファンにはお買い得な価格だと思いますね。できればDA-P100もセットで使ってみたいものです。
 
About these ads
カテゴリー: オーディオ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中